占いジプシー体験談

当たる電話占いを求めて東奔西走。使った額は約100万円。過去の記憶も引っ張り出しながら書いています。

失恋して辛い時、気休め程度でも気分転換をしたいなら

f:id:marrige130110:20180405141505j:plain

失恋してしまったときは、誰だってきついものです。そのような時にどうすればいいのかを本記事で考えていきます。

 

気を紛れさせるものに取り組む

こういった時に一番肝心なのは、失恋したことに心を引きづられないようにすることです。失恋して悲しい気持ちになることはわかります。しかしながら、そこにとらわれてしまうとますます気持ちは下がってしまうものです。そうなると、さらに他のことにまで悪影響を与え、また気持ちが下がってしまうという悪循環になってしまいます。

ですから、失恋をして辛いときこそ、何かで気を紛れさせることが大切なのです。おすすめなのは読書です。なぜなら、安価で手軽に、しかも勉強になるという点でいろいろと役立つことが満載だからです。気を紛れさせるだけではなく、自分にとってもプラスになるわけですからこれはぜひやっておきたいところです。例えば、下記のようにあえて恋愛関連の書籍を読んでみるというのもいいかもしれません。どうすればいい恋愛ができるのか、きっと大きな学びがあるはずです。 

スパルタ婚活塾

スパルタ婚活塾

 
『愛する人』と結ばれる女性、結ばれない女性

『愛する人』と結ばれる女性、結ばれない女性

  • 作者: 井上敬一,中島孝志
  • 出版社/メーカー: ゴマブックス
  • 発売日: 2017/07/24
  • メディア: オンデマンド (ペーパーバック)
  • この商品を含むブログを見る
 
LOVE理論

LOVE理論

 

 下記でも述べていますが、どうしても寂しいとか悲しいと言った感情があるときには、下記記事のように占いに相談するのもおすすめです。

loveuranai.hatenablog.com

 

気分転換には占いが役に立つ

そう、気分転換に意外と役立つのが占いなのです。占いのいいところは今後どうしようというのが見えてくるところです。また、恋愛の傾向や、どうやったら恋愛運が上がるのかというところについてもわかるのがメリットでしょう。

たかが、占いと思われるかもしれませんが、失恋後というのはこれから何をすべきかをなかなか考えることができないものです。そうした時に占いによって今後の方針が導き出されるというのは非常にありがたいものです。

まずは気楽にお試しするのがおすすめ

中には占いに抵抗がある方というのもいるかと思いますが、お金をかけずに手軽に楽しむことができるサービスもあります。その代表格が電話占いです。名前の通り電話ですぐに鑑定できるのでとても簡単なのです。

さらに例えば下記のヴェルニのようなサービスですと、初回鑑定を割引の上で受けることもできます。ヴェルニの場合はなんと初回鑑定が1,500円無料になります。非常にお得ですから、まずは会員登録(無料ですぐにできます)だけでもしておくのがおすすめです。

アノ人の本音が判る
驚異の占いサイト

詳細については公式サイトをチェックしてみてください。特に、上記のような気分転換をしたいときには、下記記事でさらに詳しくアドバイスがあります。ぜひ併せてご覧ください。

loveuranai.hatenablog.com

 

新しいものに取り組むことで新しい出会いがある

以上、失恋をした時の気分転換方法について述べてきました。もしかしたら、失恋をしたのにとてもじゃないけど、そんな気分にはならないと感じる人もいるかもしれません。

確かに失恋したときは本当に落ち込んでしまう場合もあるでしょう。3日や1週間くらいは泣き明かしたことがあるという人もいるかもしれません。そのようなときには大人しく静かにしている、または思いのままに過ごすというのも1つの選択肢かもしれません。

しかしながら、それでも本記事では気分転換の方法を敢えておすすめしたいと思います。過去は戻らないから今を生きる、文字で書くのは簡単ですが、いざそれを考えると決して簡単なことではありません。失恋だってそうそう割り切れるものではないでしょう。

笑うから楽しくなる、行動するから忘れられる

だから、考えるのではなく、とにかく行動することを本サイトでは推奨します。とにかく行動してみるのです。人は楽しいから笑うのではなくて、笑うから楽しいのだという考え方があります。それと同じように傷心した心というのは忘れようと思って忘れられるものではないのかもしれません。新しく何かをすることで新しい出会いを経て、いつの日か自然と笑顔が増えてくるものだと思うのです。ですから、失恋して辛い時こそ、思いきって行動することが大切なのです。