占いジプシー体験談

当たる電話占いを求めて東奔西走。使った額は約100万円。過去の記憶も引っ張り出しながら書いています。

新卒入社で配属先が自分の希望と全く違ったけど、どうすればいい?

f:id:marrige130110:20180328155850j:plain

大学を卒業して入社を控えた学生たちは不安と希望の入り混じった気持ちで、今を過ごしているかと思います。本記事ではいざ入社をした後に注意をしておきたいポイントについての紹介をしておきます。

そのポイントというのが、自分が配属される部署や業務内容が予想と違った場合です。これから頑張るぞと思って入社をしたのに、仕事内容が予想と違うとなれば誰だって落胆してしまうものです。このような時にどう振る舞えばよいかを考えていきます。

 

置かれた場所で咲きなさい(少なくとも1年は)

個人的な意見としては、タイトルにあるようにまずはそこで頑張ってみるのがおすすめです。以前に同名の書籍がとても話題になっていましたね。 

置かれた場所で咲きなさい

置かれた場所で咲きなさい

 

もちろん、なんでだと思う気持ちも大いにわかりますが、企業の人事というのはどうしたってそういったことが起こるものです。最適な人材配置を考えた際にそこになったわけですから、残念ではありますが、それに新卒社員が文句を言ったところで変えられるものではありません。

工夫をしてやる気と実績を挙げる力

また、そのような環境で頑張ることには、自分自身を鍛えられるという意味もあります。人生なんでもかんでも思い通りにいくかというと、なかなかそうはいかないことも少なくありません。そのような状況の中でどうやって頑張って自分の気持ちをもり立てるのか、実績を残すのかということにチャレンジすることには価値があると考えます。

もし、自分の望んでいなかった部署できちんと実績を挙げることができれば、それは自分自身の大きな強み、力になるでしょう。また、上司など周りの人もそういった姿は見てくれているものです。あなたの信頼向上に大きく寄与するはずです。

以上の理由から、もし新卒入社で配属先が自分の希望と異なっていたとしても、まずは頑張ってみるというのが非常におすすめです。

1年経っても自分の気持ちと実績が上がらない場合

ただ、自分なりに頑張ってみたけれど、どうしても上手くいかないという場合もあるでしょう。それは自分が悪いというわけではなく、新卒社員であれば仕方のないことです。初めての仕事に1年で熟知して結果を出せるかと言うと、なかなかそうはいかないはずです。そのようなときには、今後どうするべきか改めて考えるタイミングなのかもしれません。

 

自分の強みと将来を占いで確かめる

そこで意外に役立つのが占いです。占いのメリットは自分自身では気づきづらい、自分の性格、強み、未来のことを考えられる点です。特に性格面については、今後のビジネスの現場で何を強みにして、どういう部分をカバーすべきなのかを考えることができます。占いなんかが役に立つのかと思われる方もいるでしょうが、一度は試して見る価値があると言えます。

電話占いならその場ですぐにお試しできる

おすすめなのは電話占いでの鑑定です。特に下記のヴェルニというサイトでは、登録後の初回鑑定が1,500円無料で受けることができます。しかも電話なので、その場ですぐに試すことができます。自分の強みや将来が気になるという方は、まずはサイトに登録(無料です)しておくだけでもおすすめです。詳しくは公式サイトよりご覧になってみてください。

アノ人の本音が判る
驚異の占いサイト

特に下記の四柱推命などは自分の性格や価値観を知るのに非常に適しています。是非ご覧になってみてください。

loveuranai.hatenablog.com

性格診断テストも役に立つ

他にも占いではないですが、下記のような自己分析の書籍も非常におすすめできます。ストレングスファインダーは特に有名ですから、こちらも試して見る価値はあると思います。 

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

 
あなたの才能が10分でわかる40問テスト

あなたの才能が10分でわかる40問テスト

 

 

どのような働き方を選ぶのか?

上記のような占いやテストの結果で自分のことを再確認できたら、改めてこれからどうするかを考えるタイミングです。1年経ってもやはり今の仕事の楽しさがわからない、もともと希望していた部署が良いと思うようなときにはどうすればいいでしょうか?

異動願いと転職という選択肢

今の場所から去るという意味においては同様で、異動願いを出すのか、転職するのかという選択肢があります。1年頑張ってみたけれども、やはり違う場所で働きたいということであれば、それも1つの選択だとは思います。

もう少し粘り強く働いてみる、楽しくなってきたから残る

次は残るという選択肢です。だんだん楽しくなってきたから残りたいという場合と、まだ面白くないけれどもう少し自分の働き方を模索したいという場所があるでしょう。

個人的におすすめなのはこちらの選択肢です。なぜなら、私自身が新卒で入った会社を1年足らずで辞めてしまい、そのことを少なからず後悔しているからです。もちろん、マイナスなことばかりではなかったですが、市場価値を考えたり、自分自身のこれまでを考えると残っていたらどうなっていただろうかと思うことはあります。

とはいえ、本当に嫌な仕事を無理に続ける必要もないでしょう。ブラック企業であればなおさらです。そのような場合には家族や友人にも相談をして、自分と周りにとって最良の選択肢を考えましょう。ちなみに誰かに相談するということも非常に強くおすすめしておきたいです。私がそれをおろそかにしていたことを後悔していますので。転職の際には下記記事で紹介しているような占いが役に立つはずです。

loveuranai.hatenablog.com

 

 

以上、新卒入社の配属先が想定と違った場合にどうするのがいいかを考えてみました。