読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

占いジプシー体験談

当たる電話占いを求めて東奔西走。使った額は約100万円。過去の記憶も引っ張り出しながら書いています。

小アルカナの説明

タロット占い

f:id:marrige130110:20160726140345j:plain

今回の記事では小アルカナについて詳しく見ていこうと思います。小アルカナも大アルカナもタロットカードの専門用語の1つです。

~目次~

 

タロットカードの基本的な知識

タロットカードそのものについて、もう少し詳しく知っておきたいという方は下記記事に詳しいので併せてご覧になってみてください。また、以前の記事では大アルカナについても紹介していますのでそちらもどうぞ。

また、もっと深く勉強したいという場合には、書籍やDVDで勉強するのがおすすめです。ぜひこちらも併せてご覧になってみてください。 

いちばんやさしいタロットの教科書

いちばんやさしいタロットの教科書

 

loveuranai.hatenablog.com

 

概要

小アルカナは大アルカナとセットになっていて、大アルカナ22枚・小アルカナ56枚の計78枚がタロットカードのワンセットです。小アルカナにはスートと呼ばれる4種類のマークである「スート(ワンド、カップ、ソード、ペンタクル)」が示されています。大アルカナと同じように、これらのカードそれぞれに意味があります。まず、これら4つの意味合いについて大まかに紹介します。

4つのスート

小アルカナ56枚はまず、下記4つのスートに分類することができます。トランプで言うと、スペード、ハート、クラブ、ダイヤの4種類のようなものですね。

  1. ワンド(木の棒。杖も意味します。加工や装飾のない、原始的な力を表します)
  2. ペンタクル(物の価値を表す貨幣など。硬貨。また、ステイタスなども意味します)
  3. ソード(剣。金属を加工した武器。加工されたものということから人間の進化を表します)
  4. カップ(カップ。杯。食器と、儀式の道具。人の感情や関係性を表します)

これら、1つのスートにつき14枚のカードがあるわけです。それが×4で計56枚ですね。この14枚の内訳は1から10までの数を表す「ニューメラルカード」10枚と、ペイジ、ナイト、クイーン、キングの4人を表す「コートカード」4枚の合計14枚です。この構成だけを見ると、やっぱりトランプに近いですね。実際、もともとはタロットカードもトランプのような遊びのカード(プレイングカード)だったという話もあるようですから、無関係というわけでもなさそうです。冒頭の関連リンクにその点についてもう少し詳しく書いていますので、興味があればそちらもチェックしてみてください。

さて、ニューメラルカードも、コートカードも、どのスートかによって多少なりとも意味合いは変わってきますが、ここではそれぞれ基本的な意味を見ていきましょう。

 

ニューメラルカード(数札)の意味

上述のように小アルカナには4つのスート(ワンド、カップ、ソード、ペンタクル)があります。そして、それぞれ14枚で構成されていて、そのうち1エース(I)から10までの数札を「ニューメラルカード」と言うのでした。この10枚にもそれぞれ意味があります。ちなみにですが、ウエイト版のタロットカードデッキだとスートが絵柄の一部となって描かれていますが、トランプのように数とスートだけがシンプルに描かれているだけのものもあります。もし、タロットを学んでみたいという方がいましたら、イラストがあったほうがイメージやインスピレーションが湧くので、ウエイト版がオススメです。

さて、このニューメラルカードいうのは全体として、人々の日常の営みを象徴しています。大アルカナが目的や目標・ゴール、世界観のようなことが意味されたいたのに比較すると、もっと私たちの生活に身近なことや感情について表現されているのです。では、それぞれの数字の意味を順番に見ていきましょう。

数字ごとの意味

 

  • エース(1) 始まり、原点
  • 2 天地、明暗、前後などの対称性
  • 3 三角形の形のような安定感
  • 4 春夏秋冬の四季、東西南北、火地風水などの環境
  • 5 五芒星
  • 6 六芒星。完全に安定した状態、落ち着き
  • 7 幸運の数字、区切りとしての意味
  • 8 宇宙のエネルギーを意味する八芒星
  • 9 神秘性
  • 10 集合、新たな始まり

 

 

コートカード(人物札)の意味

次にペイジ、ナイト、クイーン、キングのコートカードについて紹介します。コートとは宮廷という意味で、そこに登場する人物としてこの4名が象徴になっています。下記にいろいろと意味を紹介していますが、冒頭のスート(ワンド、カップ、ソード、ペンタクル)を擬人化したのがコートカードだとも言われます。ですから、それぞれ四大元素の種類で見て、大まかな内容はセットで覚えるのもいいかもしれません。では、それぞれの詳しい意味は下記のようになります。

ペイジ(騎士見習い)

従者、騎士見習いを表します。それゆえ、意味合いとしては発展途上、可能性や素質などがありまする。そういう観点から恋愛の始まり・出会いを示唆することもあります。一方で、未熟さゆえの不安定感やぎこちなさといった見方もできます。四大元素の火地風水では地に属しています。

ナイト(騎士)

おおよそ35歳未満の若めの男性を意味します。キングと比べると、良い意味でも悪い意味でも若さが目立ちます。馬からもわかるように、移動や行動も意味します。風の属性のカードです。

クイーン(女王)

聡明な大人の女性。ですが。ときにその女性らしさや力ゆえにわがままにもなります。水の属性のカードです。

キング(王)

威厳と実力がありながら、時に暴君的振る舞いが見られたりと、男性を象徴しています。実際の鑑定においては、スートの種類によって性格や資質が明確になります。人生における安定や地位の確立も意味します。火の属性のカードです。

 

 

以上、タロットカードの小アルカナ、スート、ニューメラルカード、コートカードについて紹介しました。

お読みいただきありがとうございました。