占いジプシー体験談

当たる電話占いを求めて東奔西走。使った額は約100万円。過去の記憶も引っ張り出しながら書いています。

1ヶ月で使う電話占いの使う金額はいくら?

f:id:marrige130110:20160722150525j:plain

「電話占いで使うお金ってどれくらい?」

さて、今回の記事では、電話占いって1か月あたりでどれくらい料金がかかるものかということについて考えてみました。

 

電話占いにかかる料金の平均値

電話占いをよく利用するのは20代、30代、そして60代の女性が多いと言われています。意外にも40、50代でやや少なくなるのは、子育ての影響などもあるのかもしれません。

一方で、電話占いを頻繁にほぼ毎日利用する層は男女とも約2%ほどいますので、ヘビーユーザーについては男女ともに割合は変わらないようです。

電話占いヴェルニについて

ちなみに、当サイトでおすすめしている電話占いヴェルニでも女性が主な利用者で、特に恋愛関係の話題が多いそうです。詳しくは後述しますが、ヴェルニでは無料の会員登録をすると、「初回鑑定1,000円無料」と非常にお得ですから、ぜひお試しになってみることをオススメします。

アノ人の本音が判る
驚異の占いサイト

残念ながら正確なアンケート結果は見当たらない

こうした人たちが1か月くらいに平均してどれくらい占いに使うのかですが、残念ながらアンケート調査などのデータは出てきませんでした。そこでよく聞かれる頻度と金額でもって大まかな試算を考えてみたいと思います。

まずは「電話占いの一般的な料金体系」を見てみましょう

 

一般的な料金体系

電話占いと一口に言ってもさまざまですが、ざっくり言うと料金体系は大きく「下記の4つ」に分かれるのではないかと思います。

1. 一分当たりの時間で課金

電話占いにおいては「最も一般的な形」だと思います。1分あたりの料金が各占い師毎に設定されており、それで何分通話したかによって料金が決まるタイプです。

双方にとってメリットが出やすい料金体系

会社としてはお金のとりっぱぐれがなく、ユーザーとしても自分のキリのよいところでスパッと鑑定を終了でき、料金的に安くなることが多い方法だと言えるでしょう。

1分当たりの電話料金はサービスによって異なりますが、下は約100円~400円というところでしょう。平均的には200円~位のところが多いように思います。

冒頭で紹介したヴェルニ以外では、たとえば下記のようなサービスがあります。

loveuranai.hatenablog.com

2. (メール鑑定)一通あたりの課金

次は1通あたりの料金です。これは電話ではなくメールの場合ですね。1通あたりで料金が決まっていますので、電話の時のようについつい話しすぎてしまったということがないので嬉しいところです。

時間できっちり管理できるのがメリット

また、電話だと聞きたいことがあいまいな状態で話してしまって、気がついたら長話になっていたなんてこともありますが、メールなら事前にしっかり文章を考えますから、そういったこともありません。聞きたいことをきっちり聞け、「料金がはっきりしている」というのはメリットでしょう。

こちらもサービスと鑑定士さんによりけりではありますが、下は2,000円程度~10,000円あたりの料金かなと思います。平均的には3,000円程度が多いように思います。

メール鑑定はどこのサービスでもわりとよくやっています。なかでも評判がいいのは下記のカタリーナ先生です。ぜひチェックをしてみてください。

loveuranai.hatenablog.com

ウラナも「初回は無料でも利用できます」から、ぜひお試しになってみてください。会員登録も無料ですから、まずは登録してみるだけでもおすすめです。

3. 固定の時間と金額で課金

こちらは30分3,000円とか、60分6,000円といった時間と料金が固定されているタイプです。対面鑑定の場合はこういった方式のところが多いように思います。こちらもメール鑑定と同じように、料金も時間も固定されていますから、ついつい使いすぎてしまったということがないのが安心できるところです。

有名な占い師さんに多い料金体系

ただし、有名な先生だと「相当に金額が高くなることある」ので要注意です。30分で7,500円とか、30分で9,000円とか、いくらすごくても二の足を踏んでしまう料金ですよね。

ただ、安価なサービスとして電話占い・魔法のランプも有名です。決まった時間と料金できちんと相談したいという方はぜひご覧ください。

loveuranai.hatenablog.com

4. 質問内容ごとに課金

4つ目、これは恋愛相談だといくら、健康問題だといくら、仕事の話だといくらといった形で、「相談ジャンルごとに料金が決まっている」場合です。東京・原宿で有名な占い師の原宿の母はまさにこういう形ですね。

ちなみに原宿の母だと下記のような料金形態になっています。

  • 恋愛、20~30分、3,240~4,320円
  • 健康問題、20~30分、3,240円
  • 仕事(転職、天職等)、20分くらい、3,240円

原宿の母については下記記事で紹介していますので、ぜひ併せてご覧になってみてください。

が、こうやって「事前に相談内容をしぼれる」のは事前に考えを整理しておけていいなと思います。あと、原宿の母の場合は相談内容をまとめて相談すると、料金的にお得になるので嬉しいところです。

 

大まかな利用料金について

上記の数字をもとにざっと考えてみます

まず電話鑑定の場合ですが、1分あたり200円として、それを1回あたり30分の相談、そしてそれを週に1回やった場合は、1か月で約24,000円くらいになります。

鑑定をする頻度がどれくらいか?

メール鑑定も週に1回だとすると、平均の3,000円くらいであれば、1か月で12,000円ということになります。対面鑑定の場合も1回あたり5,000円程度として、それが週に1回だったら、「月に約20,000円」というところです。

平均的な金額としてはおおよそこれくらいになるのではないでしょうか。ざっくりですが「1か月に1~2万円程度」の利用が平均的ではないかと思います。個人的な感覚としても、これくらいが適正ではないかと思うのです。

 

占いジプシーにならないために

適正というのは、1回鑑定してもらって、アドバイスを受けたら、その「アドバイスを実践するのに1週間くらいはかかる」だろうということです。

アドバイスをきちんと実践することが大事

ですから、1週間に2回とか3回、そんなにやっていたり、1回あたりで1時間も話していたりするのは少々やりすぎかなという気がします。

こういった人たちを「占いジプシー」と呼びます。ブログのタイトルにもなっていますが、自分自身がかつてはそうでしたから、気持ちもわかりますが。上記のように電話占いに頼ってしまうのは決してよくはありません。この辺りの気持ちについては、当ブログの「はじめに」という記事でも紹介しています。

loveuranai.hatenablog.com

そうならないためにはどうすればよいのでしょう。ここでは大きく「3つの考え方」を紹介します。

1. 自分で時間と金額を決めよう

シンプルなのは、自分で「料金と時間を決めてしまう」ことです。上述のように、電話占い自体はシンプルで計算しやすい料金設定です。自分で1か月に何分(何通)利用していくらと決めてしまえば、そんなに話す必要もないはずです。

ただ、何となく、寂しい、悲しい、辛いといった理由で何となく相談してしまうのが一番よくありません。そうなると、いつの間にか時間が経って料金もかさんでしまったということになってしまいます。重々気を付けましょう。

2. 事前に質問内容考えておくことが大切

そのために役立つのは、あらかじめ「質問内容を考えておく」ことです。自分が解決したい悩みや問題は何なのか、事前に自分の中で明確にしておきましょう。そして先生には何を聞くかしっかりと決めておくのです。当たり前のように思えますが、多くの人がこれをできていないかと思います。

自分の悩みを解決するには何が必要かを考えなければならない

いくら占い師さんから良いアドバイスをもらっても、最終的にそれを実行するのは私たち自身です。そう考えると、自分だけでできることは何で、何を鑑定士さんにアドバイスを仰げばいいのか、その点について考えておくことが大切です。

自分の頭で考え抜くのは簡単ではありませんが、そうすることでより良い結果が出やすくなるはずですし、きっとジプシーにもならず、占いを有効活用できるはずです。

3. 無料お試しキャンペーンのススメ

そうは言っても、まだ電話占いってよくわからないから、とにかく試してみたいという人もいるでしょう。そうした方にオススメなのが、各電話占いサービスがやっている、「占い・無料体験キャンペーン」です。

初回鑑定が1,000円無料になってお得

下記のヴェルニ、ウラナともに会員登録をすれば、「初回鑑定料金が1,000~3,000円割引」になって非常にお得です。ぜひ、それぞれ見比べてみて、あなたにぴったりの占いサービス、そして占い師さんを見つけてみてください。

アノ人の本音が判る
驚異の占いサイト

 

 

以上、電話占いの料金と、鑑定を上手く活用するコツについて紹介しました。
お読みいただきありがとうございました。